紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、美容、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

5月7日

今日は天武隊の前田肇少佐のご命日です。

本日も靖国にお参りしてきました。

f:id:tnavy:20170507201935j:image 

金剛隊より柿崎隊長、古川上曹、山口一曹とともに過ごしてきた前田中尉。

5月2日に戦友3名が突撃してから、5月7日に自身の突撃の時を迎えるまで、彼の心中は察するに余りあります。

 

神州護持の礎石となられた前田さん。

御魂の安らかならんことをお祈り致します。

 

最後に、前田さんが潜水艦内で書かれていた日記より。

「敵艦ニ当リテ果ツル大丈夫ハ 寝顔静カニホホエミニケリ」

(回天刊行会「回天」より)

古本まつりに行ってきた

f:id:tnavy:20170503191930j:image

インスタグラマーっぽい写真。笑

スタバを利用するとちょこっと何かかいてくれるのが嬉しくて、いつも心まであったまります♡

 

本日は八王子に立ち寄る機会があったのですが、古本まつりが開催されてるとは知りませんでした!

ちらっと見ると、軍事関係の書籍が予想以上に多くてびっくり感激!人の目も気にせず食いつきました。笑

彼氏にはジャパニーズランボー(笑)舩坂弘さんの「英霊の絶叫」と、横田寛さんの「あゝ回天特攻隊」を買わせまし…オススメしたら、買ってくれました。←

特にあゝ回天特攻隊はずっと読んでほしかったので、今回手に取ってもらえて嬉しい…(*´-`* )

私は、ずっと欲しいと思いつつ手が出なかった「敷島隊の五人」が安かったので購入。

積み本たくさんあるのに!この間某密林さんで本8冊購入したばかりなのに!図書館で本4冊借りてるのに!←

本との出会いは一期一会なのでついつい衝動買いしてしまいます…そしてこの癖は一生なおらないことも知っています…笑

あまりにも食いつきすぎていたのか、航空ファンを手に取った時におじさまに「日本の航空機がお好きなんですか?」とお声がけいただいて、紫電改のお話を聞かせてもらえたりして、充実した時間を過ごすことができました。

 

古本市、初めて本格的に見て回ったのですがこれはいいですね…ワクワク感がはんぱない!

八王子の古本まつりは5/7まで開催されているようなので、お時間ある方は是非!

5月2日

昨日は天気がイマイチでしたが、今日はすっかり晴れてとても気持ちのいい1日でしたね。

 

1945年5月2日、伊47潜から3基の回天が発進しました。

その搭乗員は、柿崎実中尉、山口重雄一曹、古川七郎上曹。

今日は3名のご命日です。

 

去年は仕事でしたが、今年はちょうどぽっかり予定が空いていたので靖国参拝へ。

f:id:tnavy:20170502130802j:image

鯉のぼりがあがってた。5月だなあと実感。

代表として、柿崎さんが突撃された時刻に合わせて合掌。

手を合わせていると、横から5月の風がそよそよと流れてきました。

 

御朱印をいただいて、久しぶりに遊就館にも。

遊就館には、柿崎さんと古川さんのご遺影があるので一礼してきました。

 

帰宅してから、おしるこを作りました。

f:id:tnavy:20170502193805j:image

柿崎さんが、「俺とやつ(横田さん)の命日には、しるこぐらいつくってくわしてくれよ」とおしげさんに言っていたそうです。

今回はすでにペースト状になってるあんこを買って作ったから…来年はちゃんと小豆から作りますね、隊長🙇

 

柿崎さん、山口さん、古川さん。

感謝を捧げると共に、魂の安らぎを心よりお祈り致します。

どうか安らかに。

 

最後に、彼らの遺していかれた言葉を少しだけ。

 

柿崎少佐

「思ひ出す事多々有之候も、思ひ残す事更に無之候。」

(大和ミュージアム展示、おしげさん宛ての手紙より)

 

古川少尉

「軽き身に重き任務を負い持ちて 今こそ行きなん時は来にける」

(特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会「特攻隊遺詠集」より)

 

山口少尉

「散りぎわ清く、ニッコリ笑って征きます。」

(回天刊行会「回天」より)

千鳥ヶ淵〜靖国を散策してきた

今日は晴れてて気持ち良いし、久しぶりに国会図書館へ行こうかな、、、と思って着いてから休館日と知り自分の馬鹿さ加減に改めて落胆しました。笑

しかしせっかく都会に出てきたのだから意味のある一日にしよう!と思い、永田町から靖国まで歩くことにしました。

ついでに皇居あたりでも歩こうかな、と思ったのですが、地図を見てみると靖国までの道のりに千鳥ヶ淵の文字が。

思えば一度も参拝したことがない千鳥ヶ淵戦没者墓苑。行くべし!

千鳥ヶ淵戦没者墓苑には、大東亜戦争中海外で亡くなられた方(軍関係者だけではなく、一般の方も)のご遺骨のうち、ご遺族に引き渡すことができないご遺骨が納められています。

 

永田町から20分くらい歩いて、緑に囲まれた墓苑に到着。

f:id:tnavy:20170419164902j:image

f:id:tnavy:20170419164946j:image

皇居のように、都会のど真ん中にあるとは思えないほどの静寂さです。

ご遺骨が納骨されている六角堂は、献花された菊の香りでいっぱいでした。

 

f:id:tnavy:20170419165028j:image

献花は100円でできます。

私は白菊を献花してきました。

 

 手を合わせて墓苑を後に。

 

f:id:tnavy:20170419171122j:image

そして靖国参拝

緑が濃くなってきましたねー!

 

そのあとは、いつも九段下に行くと横目で眺めるだけだった昭和館へ。

調べると常設展示室以外は無料で利用できるとのことだったので、お財布と相談した結果今回は無料コーナーだけ見てきました(^^;)

今やっている特別企画展は「ポスターに描かれた昭和 〜高橋春人の仕事〜」。

戦中・戦後に高橋春人さんが手がけたポスターがずらっと並んでいて、時代の移り行く様をポスターを通して感じることができました。

見終わった後は特別企画展の上の階にある図書室へ。戦争関連の本がずらりと並んでいる上に、書籍・雑誌検索も可能でじっくり見たいところだったのですが、、、お腹の減り具合が限界すぎて、国会図書館で閲覧したかったものをちょっとだけ閲覧してそそくさと退散。笑

今度はここをメインで九段下に行きたいですね。

たまたま手に取った神風特攻隊の写真集が、生々しく衝撃的だったので改めて見に行こうと思います。

 

そんな感じで、充実したいい一日になりました!

暑い中散歩したご褒美として晩御飯は金目鯛の煮付けにしちゃいました(*´-`* )笑

 

八雲の艦内新聞で見つけた福島誠二少佐の一面

軍艦「八雲」の艦内新聞、その名も「行脚」。

柿崎さんが、兵学校卒業後八雲乗組になったということもあり、なにわ会HP(http://www.naniwa-navy.com/)(いつもひっそりと覗かせていただいている72期生とそのコレスのみなさんのHPです!)の「八雲残照」「八雲行脚」はチェックしておりました。

「八雲残照」http://www.naniwa-navy.com/burogu2209yagumozansyou.html

「八雲行脚」http://www.naniwa-navy.com/burogu2207yagumoanngya.html

 

「八雲残照」によると、この艦内新聞、少尉候補生たちが記事を書いていたようですが、最初は兵学校の「自啓録」のような真面目な内容だったものの、だんだんとユーモア溢れるものになっていったようです。

 

9月20日と9月21日に、柿崎さんが言葉を残していますが、自分の仕事、成長としっかり向き合っている柿崎さんの様子がよくわかります。

 

そしてついこの間、小灘さんと柿崎さんの他にも、吉本さん、久住さん、福島さんも八雲乗組だったということを知りまして。

艦内新聞を読み返してみたところ、10月5日に福島さんが言葉を残されていました。すっかり見落としていたーッorz

 

福島さんの印象は、横田さんの本や小灘さんの証言を読んで、大人しくて、滅多に殴らない、そして田中絹代さんが好き← という感じでした。福島さんのお話をあまり目にする事もなかったので、大人しくて優しい方なんだなあ〜と思っていました。

しかし、彼の個性はそれだけではなかった。笑

10月5日、みんなで灰ヶ峰に登ったようなのですが…

灰ヶ峰登山は相当疲労。何等得るところなし。浩然の気を養はんには上陸にしくはなし。」

(「八雲行脚」より)

 

福島さん、最高にロック!!!(*゚▽゚*)

艦内の人なら誰でも見れちゃう艦内新聞で、ご自分の思ったことをよくぞありのまま書かれた…!

新たな一面を知ることができて、とっても嬉しかったです。私の頭の中に、福島さんはロックなお方だという事がインプットされました。笑

 

広島県民の母によると、「和歌山(福島さんの故郷)の海とか見てたら灰ヶ峰から見える景色は物足りないかもねー」と。

多くの人が同じ事をしたり同じものを見ていても、その人が育ってきた環境によって感じる事がそれぞれ違う。これは当たり前の事だけど、人物を知る上でとても興味深い点の一つです。

 

福島さんの遺された言葉で印象的なのは、兵学校の試験に落ちてしまった弟さんへの手紙の中の一節。

「出る月を待て、散る花を追うな。徒らに過去を悔やむ者は、馬鹿の骨頂だ。」

(回天刊行会「回天」より)

どんな道を歩もうとも、自分が、これが一番国に尽くせる道だと思った道を選択しろ。そう弟さんに仰られていた福島さん。

 

福島さんが如何に「自分」というものを持っていたか、艦内新聞によって改めて知る事ができて嬉しいです😊

忘れていた事を思い出した

「環境」についての講演を聞く機会がありまして。

 

緑がどんどん切り倒されていくとか、水の汚染とか、空気の汚染とか、エコとか、小さい頃は授業でちゃんと学んできたはずなのに、いつの間にか日々の生活に追われるようになって、身近で、直近で危機を感じることなんてないからそんな事すっかり忘れてて。

でも、改めてこれらの話をちゃんと聞いて、めっちゃやばいやんってなりました。なんか、ゾッとした。

一人一人が意識していかなきゃ、気づいていかなきゃ確実に破滅の方向に向かう。そんな事はとうの昔に分かっていたはずなのに、本当にすっかり忘れてた。

地球上の生き物の中で人間だけがあらゆるものを支配して管理してるのに、その人間がしっかりしなきゃダメじゃんって。

今までちょづきすぎだったなって反省。

自然と一緒に生きてるんだってこと、忘れずに生活していきたいです。

ましてや日本は水に囲まれた国。もっと水に感謝しなきゃいけなかった。水を笑う奴は水に泣く!

汚染のこととかちゃんと考えて、自分にできる事はやる。このまま何も変わらないと、悪くなっていく事はあっても良くなってくことは絶対ないもん。

 

ちょっと自分の中で意識が色々変わりました。

海軍兵学校江田島青春譜を見た

ちょっと前に中古で購入した兵学校72期、73期、74期のVHS「海軍兵学校江田島青春譜」。

家に眠ってるビデオデッキで見ようとしたらビデオデッキがぶっ壊れてて見れなかったのですが、最近やっと買い直したので無事見ることができました。笑

 f:id:tnavy:20170413003933j:image

貴重な映像、写真、音声が詰まってて、ただただすごいの一言。

しかしこの時期の兵学校なので、人数がめちゃくちゃ多くて、分隊別写真コーナーの時間じゃないと知ってる人を探すのはとっても至難の業…笑

 

それにしても、やっぱり兵学校生徒って凛々しくてかっこいいですよねえ(*´-`* )

なんだろうか、あの言い表せないかっこよさと清らかさは…

私、兵学校生徒が本当に大好きで、純粋に憧れの存在なのです…笑

兵学校生徒の写真や映像を見る時は、乙女のようにキャーキャー言ってしまいます。笑

今の時代の人はなかなか出せない凛々しさを感じますね!

 

卒業が戦争末期の兵学校生徒たちですから、この中からどれだけの方が戦死されたかを考えると、本当に胸が痛くなりますが。

 

溌剌とした若き彼らの姿を、このように今の時代の私たちが見れることに、感謝あるのみです。