紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、美容、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

仁科関夫少佐のお誕生日なので靖国神社に行ってきた

4月10日は回天菊水隊仁科関夫少佐のお誕生日。

曇っていたけど雨が降ることはなさそうだったので、靖国神社へ。

おめでとうとありがとうを伝えて、桜の写真を撮りまくりました。

 f:id:tnavy:20170411222844j:image

f:id:tnavy:20170411222852j:image

f:id:tnavy:20170411222917j:image

f:id:tnavy:20170411222858j:image

 

やはり結構散ってしまっていた、、

でも今年も、よくこそ咲いてくださった。

みんな綺麗です。

 

f:id:tnavy:20170411223031j:image

歩いていたら一枚だけ胸に飛び込んできた桜の花びら。

なかなか桜キャッチできることがない人生だったから嬉しくなって、パスケースで押し花にしてます。笑

 

f:id:tnavy:20170411223131j:image

もらった御朱印が達筆すぎてかっこよすぎて膝から崩れ落ちました…なんだか仁科さんっぽいなあと思ったり。

そういえば黒木さんのお誕生日にもらった御朱印も踊るような字で、黒木さんっぽいなあって思ったなあ。笑

 

f:id:tnavy:20170411223335j:image

帰り際に遊就館の売店に寄って本を購入。

ずっと、いつか買おうと思ってた片山利子さんの本と、パラパラしてみて読みやすそうだった古事記の本!

古事記はやっぱり、日本人として知っておかなきゃなあと思って。もともとクリスチャンホームということもあり、神話とか全然未知の世界なんで…

なので読みやすいものを探していたのですが、この本が子供も読めるくらいやさしい内容になっていて「これだ!」となりました。

あと、あらすじみたいなところに「自分らの国の神話知らん民族は滅びるで」みたいなことが書いてあったのも、購入ガチ決めした理由の一つ。笑

二冊とも頑張ってよもーう\(^o^)/

 

ここで、仁科さんが14歳の誕生日を迎えた際に書いた日記を。

「今日は僕の誕生日だ。ぼくもこれで満十四歳になったのだ。実に十四年一日の如く、光陰矢の如し。もう十四年の月日は流れたのだ。うかうかしてはおられぬ。やがて年をとるだろう。しっかり励もう」※現代仮名遣いに直しています

(前田昌宏「回天菊水隊の四人」より)

まるで自分の人生を理解しているかのような14歳の彼の言葉に、ただただ驚くばかりです。

 

 

そして今日は回天轟隊久家稔大尉のお誕生日。

彼が遺した言葉で、私の中に印象が残っているものをひとつご紹介します。

妹さん宛に遺した言葉たちの中にある一節。

「蓮の花は泥沼のなかにありながらあのような清らかな花を咲かせる。いかに汚穢に充ちた世界にあっても、信念を堅く持っておれば、それには染まらず、生きて行けるものである。」

(回天刊行会「回天」より)