読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

八雲の艦内新聞で見つけた福島誠二少佐の一面

軍艦「八雲」の艦内新聞、その名も「行脚」。

柿崎さんが、兵学校卒業後八雲乗組になったということもあり、なにわ会HP(http://www.naniwa-navy.com/)(いつもひっそりと覗かせていただいている72期生とそのコレスのみなさんのHPです!)の「八雲残照」「八雲行脚」はチェックしておりました。

「八雲残照」http://www.naniwa-navy.com/burogu2209yagumozansyou.html

「八雲行脚」http://www.naniwa-navy.com/burogu2207yagumoanngya.html

 

「八雲残照」によると、この艦内新聞、少尉候補生たちが記事を書いていたようですが、最初は兵学校の「自啓録」のような真面目な内容だったものの、だんだんとユーモア溢れるものになっていったようです。

 

9月20日と9月21日に、柿崎さんが言葉を残していますが、自分の仕事、成長としっかり向き合っている柿崎さんの様子がよくわかります。

 

そしてついこの間、小灘さんと柿崎さんの他にも、吉本さん、久住さん、福島さんも八雲乗組だったということを知りまして。

艦内新聞を読み返してみたところ、10月5日に福島さんが言葉を残されていました。すっかり見落としていたーッorz

 

福島さんの印象は、横田さんの本や小灘さんの証言を読んで、大人しくて、滅多に殴らない、そして田中絹代さんが好き← という感じでした。福島さんのお話をあまり目にする事もなかったので、大人しくて優しい方なんだなあ〜と思っていました。

しかし、彼の個性はそれだけではなかった。笑

10月5日、みんなで灰ヶ峰に登ったようなのですが…

灰ヶ峰登山は相当疲労。何等得るところなし。浩然の気を養はんには上陸にしくはなし。」

(「八雲行脚」より)

 

福島さん、最高にロック!!!(*゚▽゚*)

艦内の人なら誰でも見れちゃう艦内新聞で、ご自分の思ったことをよくぞありのまま書かれた…!

新たな一面を知ることができて、とっても嬉しかったです。私の頭の中に、福島さんはロックなお方だという事がインプットされました。笑

 

広島県民の母によると、「和歌山(福島さんの故郷)の海とか見てたら灰ヶ峰から見える景色は物足りないかもねー」と。

多くの人が同じ事をしたり同じものを見ていても、その人が育ってきた環境によって感じる事がそれぞれ違う。これは当たり前の事だけど、人物を知る上でとても興味深い点の一つです。

 

福島さんの遺された言葉で印象的なのは、兵学校の試験に落ちてしまった弟さんへの手紙の中の一節。

「出る月を待て、散る花を追うな。徒らに過去を悔やむ者は、馬鹿の骨頂だ。」

(回天刊行会「回天」より)

どんな道を歩もうとも、自分が、これが一番国に尽くせる道だと思った道を選択しろ。そう弟さんに仰られていた福島さん。

 

福島さんが如何に「自分」というものを持っていたか、艦内新聞によって改めて知る事ができて嬉しいです😊