紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

5月2日

昨日は天気がイマイチでしたが、今日はすっかり晴れてとても気持ちのいい1日でしたね。

 

1945年5月2日、伊47潜から3基の回天が発進しました。

その搭乗員は、柿崎実中尉、山口重雄一曹、古川七郎上曹。

今日は3名のご命日です。

 

去年は仕事でしたが、今年はちょうどぽっかり予定が空いていたので靖国参拝へ。

f:id:tnavy:20170502130802j:image

鯉のぼりがあがってた。5月だなあと実感。

代表として、柿崎さんが突撃された時刻に合わせて合掌。

手を合わせていると、横から5月の風がそよそよと流れてきました。

 

御朱印をいただいて、久しぶりに遊就館にも。

遊就館には、柿崎さんと古川さんのご遺影があるので一礼してきました。

 

帰宅してから、おしるこを作りました。

f:id:tnavy:20170502193805j:image

柿崎さんが、「俺とやつ(横田さん)の命日には、しるこぐらいつくってくわしてくれよ」とおしげさんに言っていたそうです。

今回はすでにペースト状になってるあんこを買って作ったから…来年はちゃんと小豆から作りますね、隊長🙇

 

柿崎さん、山口さん、古川さん。

感謝を捧げると共に、魂の安らぎを心よりお祈り致します。

どうか安らかに。

 

最後に、彼らの遺していかれた言葉を少しだけ。

 

柿崎少佐

「思ひ出す事多々有之候も、思ひ残す事更に無之候。」

(大和ミュージアム展示、おしげさん宛ての手紙より)

 

古川少尉

「軽き身に重き任務を負い持ちて 今こそ行きなん時は来にける」

(特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会「特攻隊遺詠集」より)

 

山口少尉

「散りぎわ清く、ニッコリ笑って征きます。」

(回天刊行会「回天」より)