紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、美容、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

伊47天武隊出撃時回天配置推測図

伊47天武隊出撃の時の写真を見ていて、ふと6基の回天の配置がどうだったか気になり、誰が何号艇だったかも含め、整理してみました。

横田さん、小灘さんの本や佐丸さんの証言と、写真で認識できる彼らの顔を照らし合わせて、合っているかどうかは分かりませんが図を描いてみました。

f:id:tnavy:20170509121155p:image

iPhoneのアプリで描いたので酷い絵&字でごめんなさい…

すごいカタチしてますが、一応、真上から見た潜水艦を描いたつもりです…(酷さ)

 

前に前田さん、新海さん

後ろに柿崎さん、古川さん、山口さん、横田さん

という配置は横田さん本に書いてあり、ザメディアジョンの本や北海道回天会の「回天と北の若人」に掲載されている伊47天武隊出撃時の写真の説明文で前田さん、新海さんの並びは分かりました。

問題は後ろの4人なのですが、横田さん本によると、横田さんの前に柿崎さん、そして山口さんと古川さんに挟まれているとのこと…

私がこのことについて整理するきっかけとなった、後甲板の3基が写っている写真をよく見ると、左側の回天に立っている人が古川さんに見えまして…

そうなると、(横田さんから見て)横田さんの右隣が古川さん、左隣が山口さんということになるのかな、と思いこの図を描きました。

推測というより憶測に近いですが、自分用のメモとしてここに残しておきます(^^;)