紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、美容、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

最高の犠牲を払った人を忘れるような民族はありません

 

「この肉体は、戦争に行かなくとも五十年か六十年でなくなります。

そのとき、なにが残りますか。

私は、死んでも必ず残るものが欲しいのです。

金銭とか財宝、名誉や階級などは、一生懸命に血眼になって求めても、死の瞬間にその人から離れてなくなるものでしょう。

私はもっともっと尊いものを、永遠に人の心に刻まれて感謝される、消滅しない語り草を残したいのです。(中略)

 

日本民族という大支柱を倒してはならないから、喜んでその犠牲となります。

民族のため、国のため、最高の犠牲を払った人を忘れるような民族はありません。」

(上原光晴氏「「回天」に賭けた青春」より)

 

 

金剛隊の三枝直少尉が、予科練に志願することをご両親に納得してもらうため、話したとされる内容の一部です。

 

今日は終戦記念日である8月15日。 

私は回天隊を知ってから、毎年、黙祷するとともに三枝さんのこの言葉を胸に刻み直します。

 

これからも、彼らのことを忘れないでいこう。そして、感謝していこう。

自分の心に刻んで、みんなの心にも刻んで、後世に語り継いでいこう。

今年も、その気持ちを持って。