紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

海底で踏み出した大きな一歩

5月に関連記事↓を書きましたが…

tnavy.hatenablog.com

 

伊58・呂50を特定するプロジェクトの調査チームが、五島列島の海の底に眠る、伊58・呂50含め8隻の潜水艦を特定しました。

資金も無事に集まり、8月末に海底調査をしていましたが、本日その正式発表の会見が行われました。

調査チームの皆様、本当にお疲れさまでした。

 

結果的に伊58・呂50だけでなく、回天戦で戦い抜いた伊36、伊53も見つかり。しかも垂直に刺さっている潜水艦は仁科さんや柿崎さんが乗っていた伊47であったことも分かり、本当に、本当ーーーに嬉しいです。

 

今回の調査でいろいろな意見がありますが、技術面とかはチンプンカンプンなもので、私という立場からの話をさせていただきますが…

私から見る旧日本海軍の潜水艦は、かつての「彼ら」が戦ってくれた証、でもあります。

今回のように特定されることによって再び潜水艦、そして当時の出来事が注目され、今の自分はどんな「上」に立っているのか、改めて考える機会になるのではないかと思います。

 

会見映像も見れるニュース記事を貼っておきます。↓

thepage.jp

伊366、伊367についてはもう少し調べたい、と仰っていたので、引き続き発表があることを期待しています。 

 

そして、本日は奇しくも黒木博司、樋口孝両少佐のご命日です。

「犠牲ヲ踏ミ越エテ突進セヨ」

「国を思ひ 死ぬに死なれぬ益良雄が 友々よびつ死してゆくらん」

二人の叫びはその後の回天隊を大きく動かしました。

また、時空を越えて、今日の日本を生きる私たちにも聞こえてきます。

日を追うごとに不安が増えていく現代。

彼らに「安心して眠って下さい」といえる日が来るように頑張らねばならないのは、まさに私たちだな、と思いました。