紫紺の空の一つ星

趣味まるだしのブログ。日常、美容、帝国海軍、回天特攻隊が中心。ご来訪頂き感謝致します。

まだまだ修養の途なり

突然ですが…

10月に開催されたフィギュアスケートのロシア大会の、羽生結弦選手のフリープログラムを見て、一瞬で羽生くんファンになりました。笑

 

羽生くんの存在は、オリンピックでも金メダルを獲ってたのでもちろん知ってましたが、演技を見たことが実は一回もなくて。

たまたまロシア大会での「SEIMEI」をフルで見て、その華麗さにびっくりしました。

氷の上を滑っているというより、空を自由に飛ぶ天使とか妖精にしか見えませんでした…重力を感じさせないというか…笑

また、SEIMEIの曲調と、キラキラと美しい和風な衣装に、羽生くんの端正なお顔立ちが最強にマッチしてて、フィギュアを見てるというか、妖精の舞を森の中で偶然見てしまった感がすごいです(語彙力)

とにかく、スケートが全く分からない私でも「この人、すごい」と思ったくらい、羽生くんはすごい人です!(だから語彙力)


4Lz!!! Yuzuru HANYU 羽生結弦 FS - 2017 Rostelecom Cup

 

そんな感じに、最近はどっぷり羽生くんに浸かる生活をしているのですが、ゾンアマ先輩を漁ってると「羽生結弦語録」なる本が売られていたので、買ってみました。

人の名言とか語録大好き人間なんで。笑

f:id:tnavy:20171104185944j:image

2015年に出版された本みたいなので、羽生くんがまだ19、20歳あたりの時の言葉たちなのですが…若い子が言う言葉とは思えないくらいめちゃくちゃしっかりしてる(°_°)

ちゃんと自分と向き合ってて、ピンチもチャンスに捉え、何事も楽しみ、何より向上心がめちゃくちゃすごい。

 

羽生くんの負けず嫌いなところとか、とにかくストイックに、自分を成長させようと努力する姿が、回天隊の仁科関夫少佐にめっちゃ似てるな、と思いました。

 

回天隊の三枝直少尉は、こういう言葉を遺されています。

「われわれはまだまだ修養の途なり、死の一瞬まで己の足らざるを悔い、修養研鑽にこれ努め、不足不足と思いて死する人こそら後より見て完成に近き人と言うべけれ。仁科中尉の偉大さはなくなられてから、ますます吾々にわかってきたではないか。」

(三好朗氏「その若き命惜しまず」より引用)

 

三枝さんもこの時18歳だから、この言葉を遺せるなんて本当にすごい…。

 

羽生くん、今見ても既に完璧な人ですが(本人は全然そう思ってないみたいですが)、まさにこのタイプの人間なんだな、と語録を読んで思いました。

たぶん、これから先の人生ずっと、自分を越えるために、スケート上手くなるために努力し続けるんだろうなって。

 

現に、いろんな大会で優勝して、オリンピックで金メダル獲っても、もっと成長出来るはずだと、今日も練習に励んでるんですもの。

あそこまでストイックに、自分を奮い立たせて、上へ上へと目指していくなんて、並大抵の覚悟と努力ではできないと思います。

 

いつの時代も、すごい人はいるものなんだと感動しました。

私も、死ぬまで変化し続けたいし、そういう努力をしていこう、と勇気とやる気をもらいました!

人生は、終わる1秒前まで自らを磨く修行なり。

 

とりあえず、今後もスケート分からないなりに羽生くんの応援していきます(*´∀`*)笑